メニュー

ICL

ICL治療について

 

 

ICL治療について簡単にご説明いたします。ICL(インプランタブルコラマーレンズ)は、近視や遠視、乱視などの屈折異常を矯正するために眼内にレンズを埋め込みます。

ICLは、従来の眼鏡やコンタクトレンズに比べて、より自然な視力回復が可能です。ICLは、柔軟で生体適合性の高いコラマー素材で作られており、眼内に埋め込まれることで眼の組織と一体化します。このため、ICLを装着しても目の違和感や乾燥感はほとんどありません。

ICL治療は、一般的に次の手順で行われます。まず、医師が患者の眼の詳細な検査を行います。眼の形状や屈折異常を評価し、ICLの適応性を確認します。手術当日、局所麻酔を使用して痛覚を麻痺させ、小さな切開を通じてICLを眼内に挿入します。ICLは、折りたたまれた状態で挿入され、眼内に配置されると自己展開します。手術は通常、15〜20分で完了し、同日のうちに退院できます。

ICL治療のメリットは数多くあります。まず、ICLは視力回復に優れており、多くの患者が手術後に明瞭な視力を実感しています。また、ICLは永久的な矯正を提供するため、眼鏡やコンタクトレンズの頻繁な使用から解放されます。ICLはまた、スポーツやアウトドア活動の際にも便利であり、視力に制約を感じることなく自由に活動できます。

 

ICL治療は一般的に安全であり、合併症のリスクは非常に低いです。手術後の回復は比較的迅速で、多くの患者が数日から数週間で日常生活に戻ることができます。ただし、ICL手術は眼科医によって行われるべきであり、適切な手術設備と経験を持つ専門家に相談することをお勧めします。

 

ICL治療の適応症は、一般的な近視、遠視、乱視の他にも、角膜の形状が手術に適さない患者や、レーシック手術が適応外の患者にも広がっています。しかし、ICL治療は一人一人の状態に応じて適切な治療法を選択する必要があります。眼科医は患者の状態を評価し、ICLが最適な治療法であるかどうかを判断します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME