メニュー

料金表

白内障手術

単焦点眼内レンズ(保険診療)

負担割合 1〜2割負担 3割負担
費用(片眼につき) 約15,000~18,000円 約50,000円

※上記税込表記になります。

多焦点眼内レンズ(選定療養)

 

保険外診療のうち、国が認可したものについては選定療養として扱うことが可能で、保険診療と保険適用外の治療を併せて受けることができる制度です。
選定療養での多焦点眼内レンズの手術は、手術費用(眼内レンズ代含む)が保険適用(1~3割負担)となり、多焦点眼内レンズ(保険適用の眼内レンズ代を差し引いたもの)の費用が自費でのご負担となります。

選定療養の例
・病院に入院する際にかかる個室代や差額ベッド代
・歯科治療の際に用いる金属材料(金歯やセラミックなど)

保険診療と選定療養の違い
 
三焦点レンズ(パンオプティクス:乱視用) 400,000円(税込)
連続焦点レンズ(シナジー:乱視用) 400,000円(税込)
クラレオンビビティ(Clareon Vivity) 350,000円(税込)
三焦点レンズ(パンオプティクス) 350,000円(税込)
連続焦点レンズ(シナジー) 350,000円(税込)

※上記片眼の費用になります。
※上記費用に加えて手術費用(保険診療分)が別途かかります。

 

ICL(眼内コンタクトレンズ)手術

 
ICL(眼内コンタクトレンズ)
 
 
ホールICL 792,000円(税込)
適応検査費用 無料
術前検査費用 10,000円(税込)

※ICL(眼内コンタクトレンズ)は自由診療となり、保険適用外となります。
※片目の場合は半額となります。(手術費用)


【保証内容】
■術後半年間の検診費用無料
■レンズの入れ替え手術は術後半年間無料(※医師が必要と判断した場合)

■レンズの位置修正は術後3年間無料
■清浄綿代無料

高額療養費制度について

 

高額な医療費をお支払いの際には、一部払い戻しを受けられます。

日本では、医療費が高額になった場合、自己負担限度額を超えた医療費の払い戻しがされる制度「高額療養費制度」があります。
※自己負担限度額については、個人のご年齢や所得、ご世帯によって異なります。

1ヶ月の自己負担額が上限額を超えた場合に、自己負担額と上限額の差額分が支給されます。
また後から払い戻しはされるといえ、一時的には大きなご負担となるため、あらかじめ高額な医療費になることが分かっている場合には、限度額適用認定証をご提示いただくことによって1ヶ月の窓口でのお支払いを自己負担限度額まで抑えることができます。

詳しくは下記、厚生労働省のHP「高額療養費制度を利用される皆さまへ」をご確認ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME