メニュー

防犯

当院ではSECOM株式会社のセキュリティを導入しております。

一般的な診療所では窓ガラスの開閉センサーや院内に赤外線センサーが設置されており、窃盗グループが侵入と同時にSECOM、警察に連絡が入るようになっております。

 

そのため窃盗グループは侵入後、SECOMや警察が現場に駆けつけるまでの5−10分の間に犯行を行います。具体的にはつり銭機の破壊と金庫の強奪を行います。短時間で犯行を完遂できないと判断した場合は現場を離脱します。

 

最近は浜松市のほとんどの診療所が何らかの窃盗被害をうけており、上記の手口で犯行が行われています。窃盗グループは東名高速道路を利用し、県外から犯行に来るようです。

 

当院は侵入の対策として診療所としては初めて侵入センサーを導入し、建物の侵入ではなく、敷地へ侵入した段階でSECOMへと発報され、セキュリティが現場に駆けつけます。防犯カメラや開閉センサーなどの一般的なセキュリティも設置しております。

セコム レーザーセンサー

 

また窃盗対策として、自動つり銭機は業務終了後釣り銭を回収し、現金を残しません。

提携の金融機関と緊密に集金の連携し、業務時間外や休診日に診療所内部には現金を置かないように徹底致します。

 

この様に①侵入対策、②現金対策の2本立てで防犯に努めて参ります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME