メニュー

白内障の治療

白内障とは、目の中にある水晶体(レンズの役割をしています)が黄白色や茶褐色ににごり、視力が低下して物がかすんだり、ぼやけて見えたりするようになる病気です。白内障で一番多い原因は、加齢によるものです。特別な原因がなくても年齢とともに誰にでも起こります。

白内障の場合、下記のような自覚症状となって現れることがあります

  • ものがかすんで見える
  • まぶしくなる
  • ものが二重、三重に見える
  • めがねやコンタクトで調整しても、文字などが読みづらい
  • 目が疲れやすい
  • 色が鮮やかに見えない
  • 裸眼での視力が不安定である

白内障の治療

基本の治療は手術を行います。進行予防の目薬もありますが、あくまで進行予防であり見え方を改善することはできません。

当院では日帰りでの白内障手術を行っております。

手術の流れ

白内障による視力低下を来たし、ご本人が手術を希望された場合、手術の日程を決定します。

次に白内障手術の術前説明及び眼内レンズの度数の決定を行います。

手術当日、手術の一時間前までに来院していただきます。手術は通常5−10分で痛みを感じることはほぼ有りません。

問題なく終了したらそのままお帰りいただけます。

翌日、翌々日と手術後の検診にお越しいただきます。

 

当院の白内障手術のこだわり

現在日本国内で白内障手術機械のフラグシップモデルAlcon社のCenturionを採用予定です。

またオプションのアクティブセントリーシステムを導入することで術後の炎症、角膜内皮へのダメージを軽減することができます。

術後早期から良好な視力が期待できます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME